双方向オンライン授業の”授業体験”もはじめます

2020年5月7日

5/9から双方向オンライン会議システム”Zoom”による日芸対策の授業運営を行いますので授業体験についても開始いたします。なお双方向オンライン授業の授業体験は5/9の双方向オンライン正規授業開始後、2週間の後からを予定しております。

<日芸対策双方向オンライン授業の授業体験の曜日時間>
●日芸国語=土曜日18:00~19:30
●日芸英語=土曜日19:45~21:15
●日芸総合型選抜(旧AO)エントリー対策=正規授業とは別日程で体験授業日を設定
●日芸作文小論文=正規授業とは別日程で体験授業日を設定



<日芸エントリー対策と日芸作文小論文を正規授業とは別日程で体験授業日設定する理由>
日芸エントリー対策と日芸作文小論文は双方向での個別添削をオンライン授業内で行います。そのため同じ双方向オンライン授業でも一斉授業(待ち時間発生しない)の日芸英語や日芸国語とは違い、日芸エントリー対策や日芸作文小論文は他の受講生が個別添削を受けている間の自分の待ち時間が発生します。
つまり双方向オンライン授業の参加者人数が増えてしまうと待機時間が長くなってしまうのです
自宅設置のWifiにつなげて通信容量無制限のネット環境の人は大丈夫ですが、モバイル(LTEなど)でしかつなげていない人は、待ち時間が長くなるということは通信費が嵩むことを意味します
そのため双方向オンライン授業においては、1コマ(1つの授業枠)あたり、通塾型授業よりも受講者の人数を更に制限する必要があるため正規授業とは別日程で体験授業日設定する必要があるためです。




双方向オンラインによる”受験相談”をはじめます

2020年5月1日

緊急事態宣言延長に伴い、解除までの期間を双方向オンライン会議システム”Zoom”による日芸対策の授業運営を行いますので、受験相談についてもZoomによる相談も可能になります。
*双方向オンライン会議システム”Zoom”による受験相談は現在準備中です。


<Zoomによる受験相談の準備中の理由>
準備中としたのはZoomで受験相談を実施し合格者の映像やエントリーシート等を見せる場合は「資料となる映像や画像を全てボカし」個人特定できないように加工した後でないと個人情報保護法上ダメだからです。
特定の学科コースだけなら加工に時間かからず出来ますが放送・映画・演劇・文芸・写真の5学科全コース加工するとなると時間かかるため「準備中」となります。





日芸の入試情報等資料一式の無料での郵送をおこなっています

2020年4月4日

日芸の入試情報等の資料一式を「日本郵便の郵便ポスト投函配達で」ご自宅へ無料で郵送(レターパックライトで発送)いたします。ご希望の方は資料請求フォームよりご請求ください。ご請求後5営業日以内に発送いたします。
*送付資料は一式を現時点でも感染者0人の関東外の地方町に移し済みで、そこから郵便発送しております。

ご希望の方は資料請求フォームよりご請求ください

【送付内容】
●共通セット(資料請求いただいた方全員に同封)
  1.日芸AOエントリーシート類
(2019共通エントリーシート&学科別自己紹介アンケート/2013学科別自己紹介アンケート/2011学科別エントリーシート)
2.日芸AO過去出題課題4年分
3.日芸推薦&一般入試の実技試験の過去出題課題4年分
4.日芸推薦&一般入試の作文小論文の過去出題課題4年分
5.面接票
6.日芸AO・推薦・一般入試1期・一般入試2期の競争率4年分
7.校友子女入試についての資料一式
8.日芸受験.comの塾案内書

●演技コース志望者(映画演技または演劇演技)へは共通セットに加え下記も同封
  演技コース(映画演技または演劇演技)志望者へは日芸演技コースの実技試験の詳細内容をまとめた資料10年分

●日大付属高校所属の方へは共通セットに加え下記も同封
  各学科コース別セレクション通過下限点等の資料4年分・日芸での付属推薦結果4年分・付属推薦専門試験内容10年分

●郵送出来ないもの
  日芸受験.comでは演技コース合格者の再現演技映像および他学科プレゼン試験の映像を保管しておりますが、これらの映像はネット公開や配布しないことをお約束して合格者の方々に撮影にご協力いただいております。そのため、これら映像についてはネット公開やDVD郵送は出来ません。